img_02
TOP > シミの治療方法は原因に応じて様々です

シミの治療方法は原因に応じて様々です

一口にシミといっても原因は様々で、それに応じた治療が行われます。

たとえばレーザーを使った方がいい場合もあれば、飲み薬や塗り薬を使った方がいい場合もあります。

ごく軽いものであれば、美白化粧品などでわからなくなることもありますが、先天的な物、重度の物などは、外科的治療でないと取れないものもあります。

また肌の新陳代謝が悪く、メラニンがなかなか排出されないため、いつまでも表面に残ってしまっているのが原因ということもあります。

ですからシミがなかなか取れない場合は、あまり自分ではいじらずに、皮膚科や美容外科などで治療を受けることをお勧めします。
中には単なるシミではなく、内臓の病気が原因のものであったり、皮膚がんである可能性もありますので、その意味でも早めにクリニックに行くのがいいでしょう。
また、顔に左右対称にできるぼんやりくすんだシミに悩む人もいるかと思われます。

銀座のシミの情報はここで調べよう。

これは肝斑であることが多いです。



最近よく聞く言葉ですが、30代から50代に多く、ホルモンバランスの変化やストレスが原因となっていることが多いのです。

ですから、この手のシミが現れてなかなか取れない場合は、やはりクリニックで診てもらいましょう。

治療方法は塗り薬と飲み薬の併用で、特にトラネキサム酸が用いられます。

レーザーは症状を悪化させるので使われていませんでしたが、最近は肝斑に特化したレーザー治療も登場しています。



また、ストレスなどをあまりため込まずに、規則正しい生活を送るのも大事です。